お助け!保険の相談お役立ちガイド

home > 保険の相談について > 保険無料相談サービスを利用するメリットとデメリット

保険無料相談サービスを利用するメリットとデメリット

 保険見直し時には、FPに相談を持ち掛けるのが賢明な方策といえます。
保険に加わるには、自分自身にどうしても必要な保障や保障額はいくらかを考慮していかねばなりませんが、それを果たすには、ライフプランを整理する必要性があります。
保険専門のFPの多くの場合は、2つ以上の会社の保険を扱う代理店とタイアップしています。
ほとんど毎日保険商品に関する研究に取り組んでいます。
どういった保険会社のいずれの商品がどのような方にふさわしいのかといったことなど幾つもの保険商品を対比させ、研究します。
それに加えて、過去数多くの保険契約者のバックアップをしていることから、ひとつの例として持病を持つ方の保険相談で、保険加入ができるかどうかの見極めも、ある程度把握できるケースがあります。

 保険無料相談サービスの利点のひとつは、ノウハウを有しているFPに対して無料で相談することができる点です。
通常の場合、ファイナンシャルプランナーに対して相談を持ち掛けるには、1時間あたり5000円から10000円程の相談料を支払うのが通例です。
こうしたFPに対しての相談がフリーにて行えるのがメリットのひとつといえます。
また、いくつかの保険会社の商品から、相応しいものを選ぶことができるメリットがあります。
そうしたサービスにエントリーできるFPは、例として5社をオーバーする保険会社の保険を扱えることが前提条件になります。
FPには企業系FPと言われて、ある保険会社に属し、自分の会社の商品を売りに出すという人々もいますが、保険無料相談サービスに属しているFPは、いろいろな保険会社を扱う立場です。

 FPに関しては保険相談を無料でしていますが、これに関しては、FPが保険の手数料収入を得られる可能性が考えられるためです。
裏を返せば保険加入していただき、取り扱い手数料収入を得ることが目的といえます。
あらためていうまでもなく、これについては消費者にとりデメリットになりますから、無料保険相談サービスのほうでも、FPのクオリティーを保持するために様々に効果的な対策を考えています。
提携する前にしっかりと審査を行うことに加えて、しつこい勧誘があった場合、提携解消という罰則を与えます。
自明のことですが、FPも、こうした措置がなくともしっかりした対応をするのが通例です。
そして、営業を行なってクライアントを見い出さなければなりませんが、そうした場合にはクライアントからの口コミによる紹介が大きな力になります。
無料保険相談サービスを介して相談へと来られたクライアントを満足させることを通して、家族や友人の保険見直し時に紹介を受けられます。

ページトップへ