お助け!保険の相談お役立ちガイド

home > 保険の相談について > 保険の相談前に決めておくべきこと

保険の相談前に決めておくべきこと

 「保険は入っておいた方がいいよ」と耳にすることは多いと思います。
家族や友人が保険について話しているのを聞くと、「まずい、自分も保険に入らなくては」と思うことでしょう。
では、いざ保険について調べてみると、多くの商品があることを知り、どれに入るのが適切なのかが分からずにそのままの知識レベルで保険のプロに相談しに行くことはよくあることです。
本当に良いのはすべて保険を理解した状態で、どの保険に入るかをある程度見定めてからプロの意見を取り入れることです。
しかし、仕事、家事または育児等に追われてなかなか詳しく調べる時間が無いのが現実問題です。
そこで、保険について調べることはこの際置いておきます。
誰もができる保険の相談前に決めておくべき重要なことがあります。
そのポイントさえ押さえておけばプロがなんとかしてくれるでしょう。

 決めておくべきことは「なぜ保険に入るのか」です。
「保険に入らないとまずい」、「みんなが保険に入っているから」と、何となくの不安で保険に入ろうとするのはおすすめできません。
「なぜ」を深く考える必要があります。
例えば、万一のための保険に入るとします。
まず考えなければならないのは、「誰」のために入るのかということです。
ここでは、自分にもしものことがあったときに残される家族のため、とします。
「誰」のためなのかを決めたところで保険についての大前提を振り返る必要があります。
保険に入るメリットは、少額の掛金によって最大限の保証を得ることができるところにあります。
つまり、お金さえあれば保険は必要ないと言い換えることもできます。
しかし、多くの人にとって、最大限の保証は魅力的なものとなることが多いです。

 「もしものとき家族のためにお金を残す」、これだけではあと一歩足りません。
次は、具体的な「想像」が必要になります。
いわゆる「ライフプラン」を考える必要があります。
「ライフプラン」を考える、一見難しそうに思えますが順序立てて考えればそれほど大変な作業ではありません。
考えるときに必要なこととしては、「家族の年齢」、「自宅の購入や子供の大学入学等のイベント」、「現在の貯金額」、「今後の給与予想」です。
家族の年齢を縦に並べて横方向に同時に一ずつ年齢を足していき、自分が何歳のときにどれくらいのお金が必要かを算出すれば良いのです。
例えば、子どもがいる家庭の場合は教育にお金がかかります。
しかし、大学卒業後には貯金額が増していくため、徐々に保証を減らしても問題無いことが分かります。
つまり、この場合、「なぜ保険に入るのか」というのは「子どもが大学卒業をするまでの間にお金が必要だから入る」となりますね。
これさえ押さえておけば相談の際にプロに伝えることで、「保証額を年々減らしていくタイプ」があることを教えてくれ、無駄な保証を省くことに繋げられます。
自分に合った保険を見つけることができるのです。

次の記事へ

ページトップへ