ノート型の中古パソコンを購入する時の注意

ノートパソコンは文書作成に役立ちます。デスクトップパソコンもまた便利な製品ですが、机に座って作業しなければいけません。特定の場所で使う場合には快適ですが、自宅の机や職場の机、そして新幹線の車内やカフェ、ホテルのロビー等、多種多様な場所で使いたいなら、携帯性に優れた製品の方が適しています。スマートフォンやタブレットでも一応、文書作成は可能です。しかし、物理キーボードがありません。また大量の長文を打ち込む事には不向きです。よって、携帯性と利便性を考えるなら、文書作成用のノートパソコンを新しく買い足した方がオススメです。実際に多くのビジネスマンが、プレゼン資料や企画書を作成するために、ノートパソコンを購入しています。デスクトップパソコンとノートパソコンの二刀流で仕事をなさっています。

費用対効果に優れたユーズドな製品

ただ、安くなったとは言え、新製品を新しく買い足すのは少し勿体無いかもしれません。費用対効果を意識したいビジネスマンの方は、あえて新品を家電量販店で買わず、中古パソコンの専門店でユーズドの製品を買いましょう。古着や古本同様に、中古パソコンであれば新品よりも大幅に安価な値段で手に入ります。以前のユーズド製品は、安いと悪いというものでした。しかし、最近の専門店の店頭に並ぶ製品は本当にクオリティが良く、見た目も綺麗です。更に今年、昨年に販売された比較的新しい製品が、ユーズドとして専門店に並んでおり、また詳しいスタッフの方が、丁寧に検査・メンテナンスしてくれていますので、実用性の面も心配は要りません。費用対効果も良く、文書作成様にサブ機として買うなら、中古パソコン一択で問題は無いでしょう。

ユーズド製品特有の特徴に注意しましょう

中古パソコンを買う時の注意点ですが、新製品よりも初期不良の交換期間が短い、という点があります。新製品の方は、一年間は無償で不良に関するクレームを聞いてもらえます。また不具合があれば迅速に交換や修理を依頼出来ます。一方でユーズドの製品だと、そもそも初期不良の対応期間が無かったり、最大で半年、普通で数ヶ月と、その期間が短いため、その点は自己責任で買うしかありません。また製品として既に前のオーナーがある程度使い込んでいます。そのため、製品としての寿命が、比較すると新品よりも短く、5年10年と使い込む事は難しいと解釈すべきです。あくまで今現在、文書作成用のサブ機として、ある種の消耗品として、ビジネスのツールとして割り切って買い足すのが賢い買い方です。そのため、高値のユーズド製品を奮発して買うよりも、結構なスペックの製品を買い、使い倒した方がお得です。